アナタは前世を信じますか?

え~今日のお話はタイトルどおり、前世です。
私はオカルト大好き、大好物です。
当然昔の木スペも、オーラの泉も大好物です。

そんなわけですから、そーゆーのがお嫌いな方はポチッと他所へまいりましょう。

f0174244_22274039.jpg


私自身は輪廻転生を信じてる人間でございます。
なんでか?
だって~こんな私にも過去世があったほうがなんかおもろいな~と思うわけで。
たとえ死んだとしてもあの世ってのがあったほうがなんかお楽しみが増えるような気がするわけで。
もちろん、その先に別の人生があってもこれまた冒険が増えておもしろそうでしょ?

早い話が楽しみがあったほうが人生も楽しいなぁと、そういう根拠。

世の中には不思議なことにそういった前の人生を覚えてる人もいたり、前の人生のトラウマを
ひきずってる人もいたりするわけです。


前~に鋭い霊感持ちの人から聞いた話なんですが。
ある人(仮にF氏としましょう)から「前世はなんなんでしょう?」と聞かれ、視てみたそうです。
答えは「大阪で漫才師をしてた若い男性で、大空襲の時に亡くなったよ。」
ほほう、爆弾があたって「なんでやね~~ん!?」と叫びながら吹っ飛んだわけですね。(笑)

いやいや、笑てる場合ちゃうけどね。 本人は悲惨やけどね。

でも、なぜだか納得がいかない。
このF氏、今でこそ住んでる場所が遠すぎて連絡も全然とってはいないのですが、
以前会って話す機会がありました。
そのときになぜだかあれれ? と思ったのが漫才師とは死んだときの職業で、
実はどうやら満州から引き上げてきたチンピラ風の男性ではないか? でした。
しかも満州で一旗上げるどころか、とんでもない犯罪を犯して小倉まで船で逃げ、
大阪まで逃げのびたんじゃないかな~?と思ったんです。

なんで私がそんなこと思ったのかは全くわかりません。
が、その霊感持ちのおっさんに直接聞いてみました。


結果、ビンゴでした。
視えたものが同じ。 わ~ なんで?
でも、F氏ががっかりするといけないと気を使って漫才師だと告げたんだそうです。

私の前世? 聞きたいですか?
とりあえず今は内緒の秘密にしておきます。
でもご自分のを知って喜ぶのも がっかりするのもご自分次第ですよ。

うふふふふ・・・

f0174244_2228969.jpg


あ、そうそう。
余談ですが、「あなたの前世はお姫様です。」なんてすらっと言う人を信じてはいけませんよ。

うふふふふ・・・
[PR]

by yuzu-lotus | 2009-06-10 22:31 |