<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

守られるという癒し 5

f0174244_18233952.jpg


一度壊レタモノハ  モウ 二度ト 元ニハ戻ラナイ



さて、すっ飛んで帰った私は、今日あったFさんの様子などを速攻でTさんに伝えました。
二人で時間を掛けて考え抜いて、分析しまくりました。

皆についた傷は?
私のブレスの傷は?
Fさんの後ろに憑いてたあの女の霊は?

そしてそのブレスの傷がFさんが触った後、消えた謎は?


すべての原因はチャットで矢面に立ったあの女性と、Fさんだったのです。

あの女性は、自分がチャットの中でみんなを支配しようとしていました。
それに対して、私たちがNOを突きつけたので、唯一自分の味方になってくれた
Fさんを引き込んでいました。
おそらく、その女性はFさんに恋愛感情を持っていたのだと思います。

その感情と愛憎に乗っかったのが、Fさんの後ろに憑いていた女の霊。
おそらく、唯一の味方でもあるFさんを「監視」していたのでしょう。

そのFさんと家も比較的近く、話も合う私に「脅し」を掛けてきた。
しかし、私にはブレスレットという身代わりがいたので、傷はそちらについた。
が、他の人たちにはそのようなものはなく直接攻撃をしたため、肌が直接傷付いた。

後日、調査をしてみると、このとき実際に霊に襲われていることを実感している人たちが
本当にいました。


そして私のブレスの傷が消えたのは、
Fさんがブレスの代わりに「厄」を引き受けたからだと思われます。




このほかにも色々なことがありましたが、関係者が大勢いますし、細かいことを書き出すと本当に小説が一冊書ける勢いですので、ここでは一旦止めます。

ただ、後日談として・・・

この事件の後、Fさんは女性がらみのトラブルに巻き込まれ、とんでもない目にあいました。
最後にあの女性は・・・



丸一年後、ある病気が原因で倒れ、ICUに運ばれました。






ああっ・・・怖かった。長かった~。
思い出すだに怖かった。


 関係者様へ。

 もし、「やべーよ。この記述やべーよ。」ということがございましたらメールなり、
 コメントなりください。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-10-30 18:46 |

守られるという癒し 4

f0174244_212292.jpg


本来のターコイズはこちらの色ですね。
青い空のような、爽やかなブルー。


さて、つづきです。

「眼に見えない誰か」とは、なんて説明すればいいんでしょう?
目で見てるわけではないと思うんですが、それでも誰かが負ぶさっているようなそんな感じがしてならなかったわけです。
それは、黒い影のような、女性のような、女性なのはわかるんです。
赤いワンピースを着た髪の長い女性です。

そう思うんです。


とりあえずそんなのが「とり憑いてるのは無視」して、私は席に着きました。
その後は夕べのチャットの話や、ヨタ話が続きました。
その間じゅう、後ろの女はこちらを見たままずっとFさんの頭をなでているようでした。
そういえばチャットの話題で問題になっていた「会ったこともない女性」の話になると、Fさんはなぜか言葉につまり、女性の名前を口に出すことができなくなっていました。
(ううっ、キモッ。と私はずっと思っていました。)

「あ、そうだ。」
私は自分のブレスに付いた傷をFさんに見せました。
経緯を話すとFさんはブレスをよくよく眺めてから、私にブレスを返してきました。

その後、言いつけどおり「今日は急ぐから」と日が落ちきる前にFさんとは別れました。
そうでもなくとも、後ろの女性の影が怖くて早く離れたかったし。


そして、車を飛ばして自宅に帰り、ブレスレットを改めてみました。




傷が全くなくなっていました。

これは一体・・・

                 ・・・できることなら次で終りたい。(思い出したらこえぇ)
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-10-28 21:14 |

守られるという癒し 3

f0174244_15264652.jpg


なんだか写真ブログじゃなくなってきたぞ。
ヤバイぞ。

ここはひとまず鎌倉の男前代表、大仏様に守っていただきましょう。

な~んま~いだ~。


さて、続きです。

私 「で、ブレスどーしたらいい?」
T 「そうだねぇ・・・何もしない。」
私 「おい!」

そんなボケたやりとりをしているときに、なんと先のチャットの場にいたもう1人のある男性からメールが届きました。

男 『今から会えませんか?』

私 「わー!メールキター!!どうしよう??」
T 「会ってくれば?でも”逢魔ヶ刻”までには別れて帰ってきなよ。」

  逢魔ヶ刻・・・それは表と裏が入れ替わる時間。
  日が暮れると「色々な眼に見えないもの」が動き出す時間・・・


私は夕べのチャットでのやりとりを思い出しながら待ち合わせのファミレスまで車を飛ばしました。
この男性(Fさん)とはオフ会で会ったことはあるのですが、
このときのチャットでは私とは意見が真反対で結構ケンケンガクガクやりあったので、
はっきりいって会うのはかなりケッタクソ悪かったです。

しかし、私は腹を括ってファミレスのドアを開けるとそこには先に来ていたFさんが座っていました。



・・・背中には「普通の眼には見えない」誰かを背負って。

               ・・・ごめん、まだまだ続くよ。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-10-23 15:31 |

守られるという癒し 2

f0174244_15533933.jpg


個人的にあんまり怖いので(たぶん、他人様はあんまり怖くな~い。)
番犬を置いてみました。

わんわん。


さて、続きです。

こんな傷がどっさり付くような体験は初めてだったので、私はどうしていいかわからず
とりあえず自分が「師匠」のように思っている友人Tさんに相談しました。

T 「う~ん・・・たぶんそれは貴女が思うとおり、ブレスレットが貴女の身代わりになったんだと思うよ。
実はさぁ、今日友達と日帰り温泉に行ってきたんだけど、服脱いだら友達がびっくりしてさぁ。
二の腕と胸のところに写メのブレスと同じようなひっかき傷が付いてたんだよ~。」
私 「げげっ、ということはそっちへはダイレクトアタックってことっすか?」
T 「うん、そういうことやね~。あ、そういえばNちゃんも手首にひっかき傷が付いたよ、これなに?どうしよう?お医者さん行ったほうがいい?って相談受けた~。」
私 「なんと!Nちゃんにも!!」
T&私 「い・・・生霊ってこわ~~い!」


説明しよう。

この会ったこともない相手の女性はチャットの場にいた私やTさん、Nちゃんに「生霊」となって攻撃をしてきたらしいのです。
正確には、「生霊」にノっかってきた「悪霊」がこのようなことをしでかすのだそうです。

ややこしいっすね。


さぁ、この傷が付きまくったブレスレット、私は一体どうしたらいいのでしょう?

              ・・・・・お話はさらに続く。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-10-21 18:57 |

守られるという癒し

f0174244_2132052.jpg


この石は黄緑色をしたターコイズと、ラベンダー色の翡翠でできています。
オーストラリア生まれの天然の黄緑色をしたターコイズのブレスレット。
滅多に出会うものではありません。

しかし、それだけに私を守るパワーは絶大。
びっくりするようなことがありました。


もう4年ほど前になるでしょうか。

私はチャットが原因であるトラブルに巻き込まれていました。
目の前で話をしてても喧嘩になることがあるように、会ったことも無い者同士、
それはそれは激しいキーボードの打ち合いになるほどの言い争いに巻き込まれてしまいました。
(まぁ、他にも信じられねー怖いことがありましたが、今回は割愛ね。)

信じられないことが起こりました。

いや、ほんっと、信じなくてもいんですけど
この私が大事にしているターコイズのブレスレットの石全体に金属の爪状のもので
引っかいたような傷が付いていました。

別に特別何かをしたわけでもなく、わずか一晩の間についた傷。
ゴムのつなぎ目の細かい部分にまでそれはありました。

「まさかとは思うけど・・・これって・・・」
その信じられないまさかが起こっていたのです。

              ・・・つづく。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-10-15 21:44 |

もっと癒されてみる

f0174244_19234151.jpg


「癒されてみる」をテーマに、今日も石をご紹介。

これは、アメジスト。紫水晶ともいいます。
心に平穏をもたらし、安らぎと癒しをもたらしてくれると言われているそうです。(資料より)

情熱の赤、冷静の青を混ぜると、絵の具だって紫になりますよね。
感情のコントロールも バランスです。


さて、我家にあるこの石ですが、実は博物館で買ったものです。
これもぶっちゃけ子どものお小遣いで買える値段のものです。

しかし

石屋さんでときどき見かけるドーム状のものはとてつもなくお高いです。
一体誰が何のために買うんでしょう?
うちだったら置くとこないで。





あ!


ユリ・ゲラーとかかな?(笑)
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-10-13 19:32 |

さらに癒されてみる

f0174244_13123851.jpg


さらに石シリーズをやってみることにしました。
こちらはレーザークオーツというものです。
手のひらに乗るサイズでお値段も子どものおこづかい程度のものです。

が、「浄化力」は絶大です。
いつもおうちをクリアにしてくれてます。

f0174244_13125567.jpg


こちらは色は薄いのですが、「レモンクオーツ」というものです。
たまたまお店で手に取ったとき販売員さんが「あ、安くてもいいものを選びましたね。
しかも今胃腸が弱ってるんじゃありませんか?」
とずばりなことを言われました。

ええ、確かにちょっとおなかがシクシクしてました。
誰にも言ってへんのにすげぇな~と思いました。


石は値段ではありません。
「使える」か「否」か です。
拾った石でも使えるものは使えます。

最終的には自分の勘がモノをいうのです。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-10-10 13:20 |

癒されてみる

f0174244_16251820.jpg


ちょっと趣向を変えてみました。
うちにあるものを携帯で撮影してみただけ・・・といえばそれだけなんですが、
私の大好きな石です。

ちょっと大きめのローズクオーツです。
恋愛運をUPさせたり、人の気持ちを優しくする作用がある石です。
写真だとわかりにくいかもしれないけど、普通のものよりも紫がかっています。
しかも、家に持ち帰って「浄化」したら、キラキラの虹は増えるわ、
美しいラインははいるわでびっくりしたものです。

f0174244_16253982.jpg


こちらはフローライトです。
お値段は全然高いものではございませんが、効果は絶大。
なんと手に取ったとたんはなしかけてきたのは、この石です。
私が悩んでドン凹みに凹んでたとき「私がお手伝いしましょう。」と語りかけてきました。



あ~~~
アホがなんか言うてるて思ってるでしょ~??


いいです。
そのまんまっす。否定しねーっす。

どちらの石も私のハートをふんわりと癒してくれる、そんな石です。

お疲れの皆様。
実物はご自分でお求めになるとして、とりあえずは石で癒されるひと時もいいもんですよ。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-10-08 16:28 |