<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

原風景

ちょっとだけ時間を戻して棚田へ。
ああ、先週は天気もよかったんやなぁ。

f0174244_16333024.jpg
f0174244_16334655.jpg


うちの実家周辺は平野部だったから、こんな棚田はもうちょっと山までいかないと
見れない風景だったけど、
日本中どこにでもある風景だったはず。
なのに、今はわざわざでかけないと見れない風景になってしまった。

ちょっと水溜りを覗くと、たにしもいた。


f0174244_1636342.jpg


黄金色の実りに感謝して、ご飯が食べれることに感謝して。

f0174244_16374317.jpg


朽ちた木にまた根をおろして、小さい息吹は切磋琢磨しながら命を繋いでいくのだ。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-30 16:41 |

文化祭

f0174244_11545270.jpg


息子の通う高校の文化祭へ行ってきました。
なぜかイベント看板が隣の中学校の塀に。

あ、電車からアピールできるからか。

f0174244_11553621.jpg


青春ですな~。
モッシュモッシュですな~。

おばちゃんにはおしくらまんじゅうにしかみえませんが。(爆)

f0174244_115617.jpg


いくらなんでも激しすぎやろ。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-28 12:11 |

文化祭その2

f0174244_11594629.jpg


こちらは中庭で行なわれたブラバンアンサンブル。
その横で盛り上げるダンサー隊。
お天気のおかげでいい雰囲気。
先生の「仮面舞踏会」のパフォーマンスもさえてました。

f0174244_120626.jpg


おまけ画像。
モッシュもここまでくると、別物写真に見えてくるやんけ。(爆)

あ~やっぱ暗いとこで撮影するとボケボケやな~。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-28 12:03 |

赤に染まる

f0174244_22251824.jpg


こんなに近くで日本の原風景に会えるとは思ってもみなかった。

f0174244_22254543.jpg


ひがんばなの群生はやはり田んぼの畦にあるのが一番似合う。
それが日本のお彼岸の一部だから。

この花には体内時計があるのか?
どうしてお彼岸に合わせて花を咲かせるのだろうか?

f0174244_2230558.jpg


にしても、目がチカチカするほど鮮やかな赤。

短い間に咲かせる情熱がここに凝縮されてるようだ。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-25 22:28 |

和スィーツ 夏ラスト

f0174244_18284159.jpg


佐助稲荷、銭洗弁天と歩き、やたらカッカと暑くなった私と友人はクールダウンのためランチ前だっつーのに「みのわ」さんへ。

これが今年最後のカキ氷かな?

f0174244_18285828.jpg


みのわ といえばくずきり。
この日初めて食べた。
元が関西人なのでわらびもちはメジャーなんやけど、くずきりは鍋に入れるのがせいぜいで。
スイーツとしては本当に初めて。

「喉元をするりと抜けるときの爽やかさと絶妙な黒蜜とのコンビネーションといったら!」

○田ゆう子?


爽やかで大変涼しくなりました。



ていうか、ランチ前にスィーツいっちゃう私たちっていったい・・・
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-22 18:41 |

お礼参り

そうっす。
タイトルどおり、今回はお礼参りっす。


佐助稲荷

f0174244_16131015.jpg


何がお礼かっていうと、ここでは絶対お願いはしません。
するべきではないからです。

理由っすか?

ん~~そう簡単には教えられへんな。

でも、「またここにこれたこと」がまさにお礼なんですな。

元気があれば、来れるわけですよ。
旅行だって 映画だって お稲荷さんだって。

f0174244_16163455.jpg


季節柄蜘蛛が多かったです。
これは絡新婦(じょろうぐも)の雄。
なぜか雄が大量にいました。

雌のほうが体も大きくて派手なんやけどね。


f0174244_16193764.jpg


佐助の次は銭洗弁天さんへ。
この日は遠足ちゃんがたくさんいました。
天気もよかったし。

で、びっくりしたのがこれ。
動画で撮れなかったことが残念やってんけど、あの弁天さんへの参道の狭いトンネルの中を
この軽トラがゆ~っくり入ってきたんよね。

参道ほんまに狭いんよね。
そやのに軽トラやで。


・・・これ出るときはやっぱりバックやろか?
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-20 16:23 |

日帰り温泉昭和なパラダイス

f0174244_17432158.jpg


帰りがけに温泉に寄ってきました。
と~っても癒されて気持ちよくなってしまい、休憩室を借りてねっころがっていて発見。

さて、これって一体なんでしょ?

ああそうそう、携帯で撮影したうえにコウフンしてたからぶれててごめんね。

f0174244_1745251.jpg


なんか、ステレオにこんなのくっついてたよね?

f0174244_17453855.jpg


すべてにおいて、昭和がいっぱいあるな~って思いましたとさ。


まさか全部が現役ってこたぁないよねぇ?
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-17 17:48 |

美味しい水

f0174244_17325654.jpg


拝殿に向かって左側に回っていくと、洞窟っぽいところへおりる道を発見。
ひんやりとした空気の中をさらに進むと、お水が湧いているところがあった。

大山は美味しいお豆腐が有名なところ。
当然美味しいお水が湧いているに違いない!とあたりをつけて大正解。

冷たくて柔らかいお水で喉を潤し、さらにこの元気のモトにもなるお水をペットボトルに汲んできた。


f0174244_17364893.jpg


水汲み場に入るときには気付かなかったけど、少しだけ赤く色づいた葉を発見。

お山はもう秋の気配。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-17 17:40 |

雨あがる

f0174244_1682935.jpg


海っぱたを走り、ケーブルカーで山をあがってきて、やっと阿夫利神社下社へ。
いつしか雨もあがり、とてもクリアな空が。

これってもしかすると「禊」の後で歓迎されてると思ってもいいのかな?
いや、そういうことにしておこう。


f0174244_169373.jpg


後ろを振り向くと、絶景が。
ここの狛犬ちゃんたちは毎日下界を眺めながら座ってるんやなぁ。

f0174244_16122282.jpg


下社よりさらに山のてっぺんに本宮がある。
しかし、そこまではさらに600メートルほど標高を登らねば。
今回のお参りでは足元もサンダルなので、ここまで。

とりあえず下界から持ってきたペットボトルにお水を汲んでおこう。
それは次回の講釈で。
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-14 16:22 |

雨降山

f0174244_16492467.jpg


風水でいうところの開運日とやらに、せっかくなので吉方位に位置するところへ。
実はここへは初めて登ってきたのです。
といっても、ケーブルカーですが。(まぁ、ええやん。)

麓の駐車場に車を置いて参道を歩いていると、雨が降ってきました。
でも、なんとなく「大丈夫、雨あがるね♪」と根拠のない自信をちらつかせながらケーブルカー乗り場まで行きました。

いや、ほんまに雨あがってよかったわ。


f0174244_1650135.jpg


今回訪れたのは「大山阿夫利神社」。
手元のパンフレットによると、創建は紀元前97年、崇神天皇のころらしいです。
でも、山頂には縄文時代のものと見られる祭事跡が見つかっており、言われのころよりも古いようです。

大昔の人たちはどうしてこうも「勘」が優れているのでしょう?
私たちがどこかに置き忘れてきてしまったのでしょうか?

            ・・・つづく。(たぶん)
[PR]

by yuzu-lotus | 2008-09-10 17:12 |