斎場御嶽 1

沖縄に行くことがあったら、ぜひ訪れてみたいと思っていた場所のひとつがここ
斎場御嶽(せーふぁーうたき)です。

御嶽とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で斎場御嶽は琉球開びゃく伝説にもあらわれる、
琉球王国最高の聖地です。
 御嶽の中には、六つのイビ(神域)がありますが、中でも大庫理・寄満・三庫理は、
いずれも首里城内にある建物や部屋と同じ名前をもっています。
当時の首里城と斎場御嶽との深い関わりを示すものでしょう。
 はるかなる琉球王国時代、国家的な祭事には聖なる白砂を「神の島」といわれる
久高島からわざわざ運び入れ、それを御嶽全体に敷きつめました。
その中でも、最も大きな行事が、聞得大君の就任式である「お新下り」でした。
斎場御嶽は、琉球国王や聞得大君の聖地巡拝の行事を今に伝える「東御廻り」(アガリウマーイ)
の参拝地として、現在も多くの人々から崇拝されています。

だ、そうです。

f0174244_23295959.jpg


御門口(うじょうぐち)から久高島を望む。

f0174244_23301558.jpg


大庫理(ウフグーイ)。

f0174244_23302845.jpg


道からちょっと外れると、こんなジャングルが。
どこからハブが出てきても不思議はないね~。

f0174244_23304493.jpg


寄満(ゆいんち)の磐の裏側です。

f0174244_23305552.jpg


ささ、どんどん奥へまいりましょう。
[PR]

by yuzu-lotus | 2011-09-16 22:29 |