首里城 2

首里森御嶽(すいむいうたき)

「琉球開闢(かいびゃく)神話」によれば、神が造られた聖地であるとされている。
また、城内にはここを含めて「十嶽(とたけ)」と呼ばれる10ヶ所の礼拝所があったといわれる。

1ヵ所は確かに守礼門をくぐったすぐのところにありました。
が、そこもこの御嶽も今は「復元」されたものです。
太平洋戦争や大学があった場所なので、聖地も城もぼろっぼろだったようです。

(ちなみに、城近くで見つけた拝所は現役バリバリなようでした。)


f0174244_2292561.jpg


正殿(せいでん)

正殿は琉球王国最大の木造建造物で国殿または百浦添御殿(ももうらそえうどぅん)とよばれ、
文字通り全国百の浦々を支配する象徴として最も重要な建物でした。

正殿を二層三階建てとすることや装飾化した龍柱は日中にも類例がなく、
琉球独自の形式といってよいでしょう。

正殿も正面から見える中央部分の龍たちは、見えるだけで9匹。
おそらくここにも風水的な意味合いがあると私は読んでいます。

f0174244_2294152.jpg


正殿の建築は、中国の宮廷建築と日本の建築様式を基本にしながら琉球独特の意匠(いしょう)にまとめられている。
正面の石階段の両脇に龍の彫刻があるが、これを「大龍柱(だいりゅうちゅう)」という。

龍は国王の象徴であり、たくさんの龍が首里城には棲んでいる。

龍の指は4本。
なぜなら、5本指の龍は中国皇帝にしか許されていなかったからです。

f0174244_22471356.jpg


御差床(うさすか)
国王が座る玉座。

ボケてるわ、ゆがんでるわ。(苦笑)

f0174244_22473217.jpg


さすがに復元された城なので、とても綺麗です。
本当はもっともっと大きい城だったことでしょう。

f0174244_22474791.jpg


ドラマ「テンペスト」が観てみたくなりました。
ええ、頭が単純なのでございます。 笑

f0174244_2248426.jpg

[PR]

by yuzu-lotus | 2011-09-15 23:29 |