蛇苦止堂

妙本寺のすぐ隣に 蛇苦止明神堂(じゃくしみょうじんどう) というところがあります。

f0174244_17323988.jpg


昔々(1260年ごろ)北条政村の娘に讃岐局が乗り移り、頭に角のある大蛇となって
比企ヶ谷(ひきがやつ)の地中で苦しんでいると、娘の口を借りて語った。
そうした状態が何日も続き、父である政村手ずから写経し、祈祷をしてもらったのだが、
その間も娘は蛇のようにのたうちまわった。
やがて、僧正の祈りが通じたのか、やがて眠りに落ちて回復したという。

霊は日蓮上人の回向により成仏し、霊は蛇苦止堂に勧請され、法華経の守護神となったという。


ところで、このお札・・・全くよめましぇん。
f0174244_1733229.jpg


そんな明神堂は現在改装工事中です。
f0174244_17331822.jpg


周りには普通に民家があるんですけど、夜遅く帰ってくるときって怖くないんかなぁ?
会社帰りは毎晩肝試しな感じがするんですが・・・平気ですか?
[PR]

by yuzu-lotus | 2009-06-10 17:43 |